紫波町の古館公民館主催の地元学講座「月の輪を愉(たの)しむ会」の受講者は21日、同町高水寺の月の輪酒造店(横沢孝之社長)で酒造り体験の最終日に臨み、オリジナルの日本酒を完成させた。

 町内外から76人が参加した。11月23日に仕込み、今月14日に搾った酒を瓶詰めし、名前入りラベルを貼って一升瓶と四合瓶計1070本を仕上げた。