2019.12.21

ウィンターカップ23日開幕 一関工業、盛岡白百合学園が挑む

㊧走るバスケを追求し、ベスト16入りを狙う女子の盛岡白百合学園、㊨積極的な攻撃で初勝利を目指す男子の一関工

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)は23日から7日間、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザと東京・エスフォルタアリーナ八王子で行われ、男女各60校が頂点を争う。県勢は1回戦から登場。男子・一関工(3年連続3度目)は24日に鳥取城北(初出場)と、女子・盛岡白百合学園(7年ぶり15度目)は23日に桐生商(群馬、4年ぶり3度目)と対戦する。

男子・一関工

 3度目の出場で初勝利を目指す。攻撃が消極的だった県大会を反省し、積極性を再確認した。得意の3点シュートだけでなく、内外から多彩な攻撃を仕掛ける。

女子・盛岡白百合学園

 考えながら走るバスケで勝利をつかむ。1年生が中心のチームは連動した動きで有利な状況をつくり、ドライブや外角シュートから得点を重ねる。

 
◇     ◇
 

試合速報はこちらから