IGRいわて銀河鉄道(浅沼康揮社長)は20日、盛岡市のIGR青山駅北口に宅配便ロッカーを県内駅で初めて設置した。通勤や買い物で駅を利用するついでに、いつでも荷物を預けたり受けとったりできる。

 宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」は、30の荷室を備え、ヤマト運輸の荷物を24時間受け取ることができる。インターネットで配達依頼時に受取先を指定し、所定のパスワードを入力して解錠する。フリーマーケットアプリ・メルカリに出品するための荷物預かりにも対応する。利用は無料だが、ヤマト運輸の会員制サービス「クロネコメンバーズ」の登録が必要。