2019.12.20

いわての学び希望基金に寄付 岩手日報紫波広華会

長谷川英治管理担当課長に目録を手渡す佐々木盛雄会長(中央)と岡崎俊子副会長(左)
長谷川英治管理担当課長に目録を手渡す佐々木盛雄会長(中央)と岡崎俊子副会長(左)

 岩手日報紫波広華会(佐々木盛雄会長)は19日、東日本大震災で親を亡くした子どもらの就学を支援するいわての学び希望基金に7万415円を寄付した。

 佐々木会長と岡崎俊子副会長らが県庁を訪問。佐々木会長は「継続が大切。できる限り子どもたちの支援をしていく」と話し、県復興局復興推進課の長谷川英治管理担当課長に目録を手渡した。

 紫波広華会は7日、紫波町日詰の町中央公民館で、日報リーダーズサークル紫波例会「被災地支援チャリティー北東北民謡収穫祭」を開き、来場者から寄付を募った。同基金への寄付は2011年度から続けている。