東京五輪の聖火リレーで本県での走者に選ばれた大相撲の幕内錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)が18日、大役への思いを語った。

 インフルエンザの予防接種のために訪れた両国国技館で「地元のために走れるのがうれしい。東日本大震災もありましたし、走って元気づけたい。(五輪の)選手の力になりたい」と心を躍らせた。