盛岡市の友好都市沖縄県うるま市の中学生は15、16日、盛岡市などで同市の中学生と交流した。5カ月ぶりに再会した生徒たちは冬の本県を満喫し、異なる風土や文化を体感した。

 両県の中学校2年生各10人が参加。16日は滝沢市後の国立岩手山青少年交流の家で雪上体験を楽しんだ。うるま・高江洲中の石川朝日さんは「雪は思ったよりも軟らかく、とても楽しかった。盛岡の中学生は優しい」と喜んだ。