2020年東京五輪の聖火リレーを走る一般公募のランナーへの内定通知が始まり、県内でも当選者が喜びに湧いている。大船渡市大船渡町の印刷業金野広充さん(55)は12日、当選通知を受け取った。

 東日本大震災で被災した金野さんは「一生に一度の機会。まちの人たちに笑顔や元気を届けられるよう、一生懸命走りたい」と聖火を掲げ、復興を発信しようと意気込んでいる。