東北のクラフトビールメーカーによる第13回東北魂ビールプロジェクトの製造・研修会は10、11の両日、一関市田村町の世嬉の一酒造(佐藤航社長)で行われた。過去最多の15社が参加し、それぞれの知識と経験を持ち寄って新たなクラフトビール造りに取り組んだ。ビールは年明け完成し、県内外の飲食店にたるで販売する予定。

 県内からは同酒造のいわて蔵ビール、さくらブルワリー(北上市)、遠野麦酒ZUMONA(遠野市)が参加した。今回は香りが強いインディアペールエールを製造。11日は朝から仕込み作業に取り組み、前日のディスカッションで決めたレシピを基に、麦芽投入から酵母添加まで行った。