元農相の玉沢徳一郎氏(81)が銃撃された事件で、県警は11日、殺人未遂容疑事件と断定した。10日正午~午後2時ごろに盛岡市中ノ橋通の玉沢氏の自宅内で発生したとみて11日、現場検証を実施。盛岡東署が銃刀法違反(加重所持)容疑で10日に現行犯逮捕した男が拳銃で撃った可能性が高いとみている。県警によると、脚に銃創を負った玉沢氏は事情聴取に応じるとしており、県警は回復を待って詳しく事情を聞く。

 玉沢氏は10日に手術を済ませ、11日は自民党県連幹部らが病院を訪問した。10日夜に玉沢氏と面会した関係者によると、玉沢氏はベッドに横になり「大変でしたね」との問い掛けに「大丈夫だから」と答えた。