西和賀町は2020年度、老朽化が進む同町沢内太田の沢内庁舎と川尻の湯田庁舎の再整備に着手する。沢内庁舎は解体し、隣接する太田老人福祉センターに機能を移転。湯田庁舎は改修で長寿命化を図り、分庁舎方式を維持する。

 計画では、20年度に同センターの改修、21年度に湯田庁舎の耐震補強工事に着手し、22年度以降に沢内庁舎を解体する。新庁舎の建設は行わず、既存施設を活用する。