盛岡市の自宅で玉沢徳一郎元農相(81)が銃撃された事件で、岩手県警は12日、拳銃を所持したとして銃刀法違反(加重所持)の疑いで、奥州市の農業高橋脩容疑者(82)を送検した。県警はこの拳銃を使い玉沢氏を撃ったとして、殺人未遂容疑で捜査している。

 70代の知人男性によると、高橋容疑者が「人を介して暴力団から拳銃を預かっている」と別の知人に話していたことも判明。この拳銃で事件を起こしたかどうかは不明で、県警は拳銃の入手経路についても調べる。