防衛庁長官や農相を務めた玉沢徳一郎氏(81)が10日、盛岡市の自宅周辺で銃撃された事件で、当たったのは足に1発だったとみられることが11日、玉沢氏の親族への取材で分かった。関係者によると、盛岡東署に拳銃を持参し、銃刀法違反(加重所持)の疑いで現行犯逮捕された奥州市の農業高橋脩容疑者(82)は「選挙の恨みで撃った。金銭トラブルがあった」と銃撃も認めている。

 インターネット上では、玉沢氏の高校の同級生を名乗る容疑者と同姓同名の人物が、貸した選挙資金1千万円が返済されていないと投稿。玉沢氏が初出馬した1969年の衆院選で、陣営の事務局長を務めたともつづっており、県警が事件との関連を調べている。