スピードスケートの第69回県高校選手権、第51回県中学校大会第1日は30日、盛岡市の県営スケート場で行われ、高校女子500メートルは吉田雪乃(盛岡工2年)が大会記録に0秒65差まで迫る41秒58の好タイムで初優勝を果たした。高校男子団体追い抜きは盛岡工が4分48秒66の大会新で制した。高校男子500メートルは1年生の金子直樹(盛岡工)が39秒95で初優勝した。

 出場1人の中学校男子500メートルは夏目笑(えむ)(盛岡・城西3年)がともに大会新の40秒35(2回目)、2レース合計1分21秒18で2連覇を果たした。