リレーエッセイ イワテライフの楽しみ方

村澤真澄さん第1回(全4回)

 
「プエラリエワンズ」のメンバーとその家族

 人口より牛の数が圧倒的に多い町。これ以上の魅力を見つけられず、都会への憧れも重なって、高校進学と同時に牛のいる生活から10年離れていました。その後結婚を機に、主人と実家の牧場で就農。町外での生活経験は、葛巻暮らしを楽しむための知恵をじわじわと生み出してくれ、牛飼いを楽しもう!と思えるようになりました。

 そんな時、「いわて発 元気な牛飼い女子応援事業」の広告が目に留まり、友人を誘って参加。牛の話はもちろん、様々な世代の女性と話し合えたことで、2人とも「葛巻でも女子会つくるべ!」と大興奮。すぐに彼女と、「牛1頭に関わる女性」を求め、酪農家、和牛繁殖農家、授精師、獣医師、酪農ヘルパー、さらに応援隊としてJAや役場職員にも声をかけました。こうして、町外から嫁いだお嫁さん世代が会員の半数を占める「プエラリエワンズ」が誕生しました。

 「プエラリエワンズ」では主に1~2カ月ごとに定例会を開催。お互いの子供の成長を見守りながら、子育てや牛飼いに関する情報交換、研修会参加などで得た情報の共有化を図っています。今年は、当会を多くの人に知ってもらい、牛飼いの楽しさを感じてもらおうと、町内の江刈地区文化祭に子牛を連れて行ったり、耳標キーホルダー作りのワークショップを開催しました。おかげさまでたくさんの方々に声をかけていただき、活力をいただきました。

今月の人 村澤真澄さん
農家。1979年葛巻町生まれ。山形大学農学部卒業後、県立高校に講師として勤務。結婚を機に実家へ就農し、2016年3月、牛飼い女子「プエラリエワンズ」を設立。