4日の県内は、高気圧に覆われて晴れや曇りとなり、朝方は寒気や放射冷却現象の影響で、最低気温が盛岡・薮川で氷点下4・9度(平年比3・4度低)など各地で冷え込んだ。盛岡地方気象台は同日、盛岡で初霜と初氷を観測したと発表。初霜は平年ならびに昨年より13日遅い。初氷は平年より8日遅く、昨年より1日遅い。

 同日の盛岡の最低気温は0・1度(同3・4度低)。盛岡市東中野では朝方、青空が広がりキリリと寒い中、簗川の土手の葉や草にびっしりと霜が付いていた。

 同日朝の最低気温は、宮古・区界氷点下4・2度(同4・2度低)、宮古5・2度(同0・2度高)、大船渡6・8度(同0・8度高)など。県内36観測地点中12地点で氷点下、27地点で今季最低を記録した。

 同気象台によると、5日も高気圧に覆われ晴れや曇りの見込み。