北上市の総合型地域スポーツクラブ、NPO法人フォルダ(司東道雄理事長)は3日、同市幸町の北上勤労者体育センターと市民柔剣道場でフォルダスポーツフェスティバルを初めて開いた。日本を代表するアスリートを講師に招き、地域の子どもたちがさまざまなスポーツを体験した。

 視覚障害者柔道日本代表の半谷静香さん、視覚障害者柔道指導者の仲元歩美さん、元バレーボール日本代表の大山加奈さん、元スピードスケート日本代表の岡崎朋美さんが、各競技の体の使い方などを指導した。

 地域の小中学生ら約70人がグループごとに各競技を体験。柔道の寝技やバレーボールを使ったゲームなどに挑戦し、競技の魅力を体感した。