【東京支社】久慈市と洋野町は2~4日、横浜市の八景島シーパラダイスで、いわて洋野・久慈と横浜の絆フェスを開き、南部ダイバーと海女が素潜りを披露して北三陸の魅力を発信している。

 南部ダイバーと北限の海女は同館の深さ8メートルの水中水槽で素潜りを披露。総重量70キロの装備を着けたダイバーが作業する様子や海女が勢いよく潜る姿に観客から歓声が上がった。

 ダイバーヘルメットをかぶって記念撮影した横浜市の佐々木祐(たすく)ちゃん(5)は「びっくりしたけれど楽しかった」と声を弾ませた。