八幡平市周辺を対象にした循環型社会について学ぶ環境学習ツアーの視察会(県主催)は28、29の両日、同市内で開かれ、今後の旅行商品化に向けて関係者が構想を練った。

 首都圏の観光業者や学習塾の担当者計3人を含む10人ほどが参加。28日は日本初の商用地熱発電所の松川地熱発電所(同市松尾寄木)や隣接する同発電所のPR施設、松川地熱館などを見学。地熱蒸気を使った染め物の体験も行い、循環型の資源を活用した取り組みに学びを深めた。