「森のささやきが聞こえますか 倉本聰の世界展」(盛岡市文化振興事業団、岩手日報社、岩手朝日テレビ主催、盛岡信用金庫特別協賛)は2日、同市盛岡駅西通の市民文化ホール展示ホールで始まった。来場者は脚本家倉本聰さんの点描画や、テレビドラマのセットに見入った。

 膨大な数の点を打った自然風景の点描画約100点を季節ごとに展示。倉本さんの拠点、北海道・富良野で録音した鳥の声や風の音が流され、来場者は四季を巡るように見て回った。

 再現されたテレビドラマ「北の国から」の家のセットでは、登場人物のジャンパーと帽子を身に着けて写真を撮影することが可能で、人気を集めた。

 12月15日まで。午前10時から午後5時(入場は午後4時半)まで。月曜休み(11月4日は開場)。一般・大学生千円、小中高生600円。未就学児無料。