名古屋市は28日、陸前高田市で東日本大震災の津波に耐え、復興のシンボルにもなった「奇跡の一本松」のクローン苗1本が来秋にも、同市から名古屋市に贈呈されることになったと明らかにした。両市によると、他の自治体に苗が贈られるのは初めて。

 名古屋市は震災発生直後から、陸前高田市に復興支援の職員派遣を続け、2014年10月には友好都市協定を締結。民間や市民レベルでも交流が盛んで、友情の証しとして贈呈が決まった。