2019.11.28

幼保無償化 次世代につけ回すまい

 10月にスタートしたばかりの幼児教育・保育の無償化制度は、2019年度分の財源が数百億円程度不足する見通しとなった。国の補助金を当て込んだ便乗値上げとみられる施設も相次いでおり、制度設計のほころびが早くもあらわになった形だ。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞