今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが26日、東京都内で開かれ、西武の山川穂高(富士大)は目標だった2年連続の本塁打王を達成したが「うれしいけど、うれしいで終われない。打率も低かったし、4番も外されている。満足はできない」と複雑な思いを口にした。

 来季の目標に打率2割8分以上を掲げる。ミートする確率を上げることが本塁打の増加にもつながるとの考えで「来年はもうちょっといい顔でここに来られるようにしたい」と気を引き締めた。