2019.11.26

新たに2頭から禁止薬物 岩手競馬、当面の開催取りやめ

 岩手県競馬組合は26日、盛岡競馬場の厩舎(きゅうしゃ)で管理する馬2頭から新たに禁止薬物ボルデノンが検出されたと発表した。昨年以降、禁止薬物が検出されたのは計8頭になった。当面、岩手競馬の開催を取りやめる。今月18日以降、レースは中止しており、早ければ30日にも再開予定だった。

 

詳報は27日の岩手日報朝刊、岩手日報デジタル版をお読みください。

 岩手日報購読申し込み 岩手日報デジタル版申し込み