第40回鮭(さけ)・あわびまつり(田老観光イベント実行委主催)は24日、宮古市田老の田老町漁協ビル近くで行われた。サケの不漁に悩まされ1日開催となったが、サケのつかみ取りやアワビとり体験などで大いに盛り上がった。

 飲食店や特産品コーナーなど30店が出店し、サケ汁の振る舞いや餅まき、郷土芸能などのステージイベントでにぎわった。500人以上の申し込みがあった人気のサケつかみ取りは75匹を確保して行い、サケを追い掛ける姿に観客が声援を送った。盛岡市の巻堀小4年藤原萌衣さんは「すごくサケがばたばたして最初は怖かったけど面白かった」と笑顔を見せた。