東日本大震災を機に宮古市で毎年コンサートを行っている早稲田大ニューオルリンズジャズクラブは23日、同市高浜の防潮堤の上で震災犠牲者のための演奏を行った。初の試みで、追悼の思いを込めたハーモニーが宮古湾に響き渡った。

 同クラブの8人が「Bye and bye」など4曲を演奏。通りかかった住民や関係者が耳を傾け、拍手を送った。