遠野市土淵町の前田谷(まえたや)勝子さん(76)が主宰するパッチワーク教室のキルト作品展は25日まで、同市新穀町のとぴあで開かれている。クリスマスをテーマに、15人の手による約200点が色鮮やかに会場を彩り、来場者を楽しませている。

 パッチワークキルトは多色の布を縫い合わせて作り、幾何学模様で立体的に見える。使わなくなった着物や帯も材料に用い、クリスマスツリーやフクロウなど、生命が吹き込まれたかのような躍動感ある力作が並ぶ。