県は21日、職場環境の改善活動に取り組む企業をたたえる「いわて働き方改革アワード」の表彰式を盛岡市内で行った。最優秀賞は盛岡市のベアレン醸造所(木村剛社長)が受賞した。

 約50人が出席。保和衛副知事が同社と、個別プロジェクト賞に輝いた6社に記念の盾を手渡した。

 本年度はいわて働き方改革推進運動に参加する県内企業約300社のうち64社がエントリー。ベアレン醸造所は育児・介護休業後に復職する場合、有給休暇を30日増やしたほか、製造部門の業務見直しで女性の活躍の場を広げる取り組みなどが評価された。