2019.11.22

男性育休の推進 力入れたい環境づくり

 どうしたら、子どもを生み育てやすい環境となるのか。対策の一つ、男性の育児休業に注目が高まっている。政府は、国家公務員が1カ月以上取得するよう促す制度を構築し、2020年度からの実施を目指す。取得率が伸び悩む地方自治体や民間企業へと波及させる狙いだ。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞