大相撲九州場所11日目(20日・福岡国際センター)盛岡市出身で西前頭14枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は西4枚目の琴勇輝に押し出され、3勝8敗と負け越した。初場所から6場所連続の負け越しとなった。

 錦木は防戦一方だった。頭から当たるが、琴勇輝の突き、押しに上体がのけ反る。右に回り込むも突き起こされて土俵を割った。

 12日目は東9枚目の琴奨菊と対戦する。