4月から常勤医が不在となっていた八幡平市丑山口の国保田山診療所(望月泉所長)に、11月から高大哲(こうだいてつ)医師(74)が着任した。平日は半日から丸1日の診療体制となり、地域医療を支える存在として期待される。