19日の県内は、冬型の気圧配置の影響で、曇りや一時雨となり、内陸や山沿いでは雪が降った。矢巾町煙山の農業佐々木初太郎さん(76)が育てた巨大な「令和」の字をかたどった花壇は見頃を迎えている。皇室の菊家紋に合わせて菊の花でデザインし、新時代の平和を願う。

 花壇は縦5メートル、横10メートル。ザルギクの赤と白で文字を描き、黄色、ピンクなどで周囲を飾った。佐々木さんは「今週いっぱいは楽しめそう。紛争や戦争のない良い時代になってもらいたい」と目を細める。