釜石市片岸町 奥山 英喜さん(77)

 鵜住居(うのすまい)公民館で月2回活動しているサークル「そばの三たて会」の会長を務めている。復興支援で道具の寄付を受け、昨年5月に始まった。会員は50~80代の11人。そば打ちが外に出るきっかけになった仲間もおり、この場を通じてつながりが生まれている。好きなことに夢中になれる時間が日々の力になり、挑戦への気持ちも生まれる。震災から時間がたったからこそ大切にしていきたい。