1日の県内は、寒冷前線の影響で朝方は雨となったが、日中は晴れや曇りとなった。平泉町では秋の藤原まつり(平泉観光協会主催)が3日間の日程で開幕。同町平泉の中尊寺(山田俊和貫首)で稚児行列が行われ、華やかな衣装をまとった子どもたちが参道を練り歩いた。

 県内外の3~6歳児14人が参加。男子は烏帽子(えぼし)、女子は宝冠をかぶり、狩衣(かりぎぬ)・直垂(ひたたれ)姿で本堂から金色堂まで約300メートルを歩いた。

 同町平泉の辻滴(しずく)ちゃん(5)は「緊張したけれど、楽しかった」、母美穂さん(45)は「私も小さい頃に参加し、娘にもやらせたかった。上手に歩く姿を見られてうれしい」とほほ笑んだ。

 期間中は中尊寺や毛越寺、JR平泉駅前などで能や神楽などの郷土芸能の公演が行われる。

 盛岡地方気象台によると、2日からの3連休は、高気圧に覆われ県内全域で晴れや曇りの見込み。