葛巻町の除雪機械出動式とふれあい体験乗車は1日、同町葛巻の除雪機械格納庫で行われた。本格的な冬の到来を前に、関係者が安全な作業を誓った。

 職員ら約20人が出席。触沢義美副町長が「住民の命、生活を守るために、安全で事故のない除雪作業を心掛けてほしい」と訓示。運転手はエンジンや回転灯などを入念に点検した。

 出動式終了後は町内の保育園児ら約100人が参加し、運転手を激励。「風邪をひかないようにお仕事頑張ってください」とエールを送り、お守りや手紙を手渡した。

 ふれあい体験乗車では、子どもたちが除雪グレーダなどに乗り込み、クラクションを鳴らしたりハンドルを動かして楽しんだ。