大相撲九州場所9日目(18日・福岡国際センター)盛岡市出身で西前頭14枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西7枚目の琴恵光に寄り切られ6連敗。2勝7敗と黒星が大きく先行し、早くも勝ち越しへ後がなくなった。

 右四つ。上手が引けない錦木は構わず前進したが攻め切れない。琴恵光の左突き落としを何とか残すも、追撃の寄りに土俵から出た。

 10日目は西十両2枚目の矢後と対戦する。