二戸地域のカシオペア連邦議会議員協議会(会長・小笠原清晃(せいこう)二戸市議会議長)は16日、同市石切所の市民文化会館で、設立25周年を記念した対談講演会を開いた。作家の高橋克彦さん(盛岡市)が、IBC岩手放送アナウンサーの村松文代さんを相手に、郷土史への視座について語った。

 関係者ら約80人が参加。高橋さんは、郷土の歴史に興味を抱いたきっかけを紹介しながら「東北、岩手の良さは、勝者がつくる歴史の中で抹殺されてきた」と指摘した。