2019.11.17

雫石・「慰霊の森」完成間近 寄付で改修、教訓伝え

来年の五十回忌を前に改修された航空安全祈念の塔。空の安全を願い続ける(一般財団法人慰霊の森提供)
来年の五十回忌を前に改修された航空安全祈念の塔。空の安全を願い続ける(一般財団法人慰霊の森提供)

 1971年に雫石町上空で発生した全日空機と自衛隊機の衝突事故犠牲者を追悼する、同町西安庭の「慰霊の森」の大規模改修が間もなく完了する。来年の五十回忌を前に、老朽化していた「航空安全祈念の塔」と慰霊堂などをリニューアル。全日空と自衛隊有志、町民らからの寄付で改修した。関係者が思いを一つにして犠牲者の冥福を祈り、空の安全を願い続けていく場とする。現地で22日に竣工(しゅんこう)式を行う。

プレミアム会員登録すると記事全文がご覧になれます。

ログインして記事全文を読むプレミアム会員に登録する