2019.11.16

無量光院跡の一部追加 特別史跡指定、世界遺産拡張登録へ期待

特別史跡に追加指定された無量光院跡の一部。張り出し状の地形(中央)が現存し、柳之御所遺跡との一体性を示している=同遺跡から撮影
特別史跡に追加指定された無量光院跡の一部。張り出し状の地形(中央)が現存し、柳之御所遺跡との一体性を示している=同遺跡から撮影

 国の文化審議会(佐藤信会長)は15日、世界遺産「平泉の文化遺産」の構成資産の一つで、平泉町の無量光院跡の一部を特別史跡に追加指定するよう萩生田光一文部科学相に答申した。世界遺産の拡張登録を目指す柳之御所遺跡に接続するエリアで、両史跡の一体性をさらに関連付け、拡張登録の足がかりになることが期待される。

プレミアム会員登録すると記事全文がご覧になれます。

ログインして記事全文を読むプレミアム会員に登録する