2019.11.16

点描画 迫る自然観 盛岡で「倉本聰の世界展」、来月15日まで

点描画の数々に見入る来場者
点描画の数々に見入る来場者

 盛岡市の市民文化ホール展示ホールで開催中の「森のささやきが聞こえますか 倉本聰の世界展」。北海道の富良野を拠点に活躍する脚本家倉本聰さんが描き続ける「樹」の点描画と、代表作「北の国から」を中心とするドラマの紹介を通じ、倉本さんの自然観や演劇観に迫っている。

 同展は12月15日まで。午前10時から午後5時(入場は午後4時半)まで。月曜休館。入場料一般千円、小中高生600円。未就学児無料。

◇    ◇

 記事全文、倉本聰さんへのインタビューは岩手日報本紙岩手日報デジタル版でご覧いただけます。