今週早々、家人が「今年は早めに」とタイヤ交換のためいつも利用している専門店を訪れたところ、「今月いっぱい予約で埋まっている」とのことだった。幸いにも別の店で交換してもらえた

▼今週は本紙記事も「冬タイヤへ交換加速」と、大忙しの専門店の様子を伝えていた。多くの人が「早め」を心掛けているようだ。雪が降り積もってから大慌て―という経験を持っている人は少なくあるまい

▼街路には落ち葉が目立つ。暦の上ではもう冬。今年は10月に入っても夏日を記録するなど暑い日が続いたせいなのか、秋は足早に過ぎ、一気に冬を迎えたような気がする。ともかく冬本番への備えを急がなければ

▼こちらの冬本番への備えは万全のようだ。ジャンプの小林陵侑選手。先月下旬、札幌で行われた全日本選手権ラージヒルで堂々の王者に。まだ雪のない競技場で紅葉を背にしての大ジャンプは力強く、美しかった

▼来週開幕のワールドカップ(W杯)のため欧州に向かった陵侑選手は「わくわくしている」と思いを語った。総合優勝など昨季数々のタイトルを手にした「鳥人」に、県民もわくわくしている

▼兄の潤志郎選手も全日本選手権ノーマルヒルなどを制し、こちらも期待大だ。さらにスノーボードでは岩渕麗楽(れいら)選手が今月のW杯で優勝。今冬も県人選手らが熱くしてくれそうだ。