今季で3年目となるTCLは、TLから降格した豊田自動織機とコカ・コーラのほか、昨季は地域リーグのトップイーストに所属した清水建設が新たに加わった。降格してから2年目の近鉄を含めて釜石SWにとっては手ごわい相手がそろう。

 釜石鵜住居復興スタジアムで戦う開幕からの2試合で弾みをつけたい。初戦で当たるコカ・コーラは日本代表のCTBトゥポウを擁する。7月のTL杯は12-52で敗れたが、雷雨で長時間中断した影響もあった。地元の大声援を受けて攻勢をかけたい。2戦目の九州電力とは毎回のように競った試合になる。昨季は1勝1敗。実力拮抗(きっこう)の相手に勝ち切れるか。

 4戦目の豊田自動織機はチームの実力を測る絶好の相手。サモア代表のSOピシが加わった強敵に挑む。6戦目の近鉄は日本代表のロック、トンプソンが健在。最終7戦目の清水建設に勝ってシーズンを締めくくりたい。