大相撲九州場所4日目(13日・福岡国際センター)盛岡市出身で西前頭14枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西15枚目の大翔鵬に寄り切りで敗れ、2勝2敗の五分となった。

 錦木は大翔鵬が得意な右四つで胸を合わせてしまう。腰が高く攻め手がないまま、相手に左上手を許すと万事休す。残る腰もなく寄り切られた。

 5日目は西11枚目の千代大龍と対戦する。