大相撲九州場所3日目(12日・福岡国際センター)盛岡市出身で西前頭14枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東13枚目の千代丸を押し出し、2勝1敗と勝ち星が先行した。

 錦木は立ち合いから危なげなく、千代丸の突きや押しを冷静に下からあてがって応戦。攻め手を緩めず、腰高となった相手を一気に押し出した。

 4日目は西15枚目の大翔鵬と対戦する。