コンサート「音楽と美術のハーモニー~父と娘の共演」(音楽と美術の会主催)は24日午後2時から、二戸市石切所の市民文化会館中ホールで開かれる。同市のピアニスト金子容(はる)みさん(64)と岩手町出身の歌手柴田泰孝さん(38)=川崎市=が出演。金子さんの父で童画作家の故重正さん(1912~82年)の作品を紹介しながら豊かな世界を作り上げる。

 重正さんは一戸町生まれ。少年、少女雑誌に童画や漫画を発表し、単行本も数多く発行された。45年に二戸市に疎開して在住し、市芸術文化協会会長としても尽力した。

 金子さんは、重正さんの作品を広く紹介したいと、演奏と絵画展示を合わせたコンサートを企画。金子さんはショパン「華麗なる大円舞曲」など7曲を演奏し、柴田さんがイタリア民謡「オ・ソレ・ミオ」や、さだまさしさんの「ふるさとの風」など10曲ほどを歌う予定。会場には、二戸地方の「オシラサマ」をモチーフにした油絵や子どもの点描画、切り絵など重正さんの作品約20点を展示する。

 全席自由で入場料500円。問い合わせは同会(0195・23・4393)へ。