東北6県やJR東日本などでつくる協議会は31日、2021年4~9月に開催する大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」のキャッチコピーを「巡るたび、出会う旅。東北」に決定したと発表した。「自然や文化などとの出会いにあふれた東北を表現した」という。東北6県にちなみ、漢数字の「六」を旅する人間の形にみたてたロゴマークもお披露目した。

 キャンペーンでは、JRグループが6県の自治体や観光業者と協力し、全国で東北をPRする。21年は東日本大震災から10年の節目でもあり、震災や台風19号で打撃を受けた観光を盛り上げたい考えだ。

 この日の記者会見で、保和衛岩手県副知事は「台風で3月に全線開通した三陸鉄道が被害に遭った。復旧させて、皆さまをまた迎えたい」と強調した。