盛岡市山岸の盛岡白百合学園小(高橋正子校長)は少子化による入学希望者の減少などを理由に、2020年度から児童の募集を停止する。

 同校を運営する学校法人白百合学園(東京都)は18年12月の理事会で募集停止を決定。ホームページで公表している。同法人は「既に周知している通りで変更は無い」としている。

 同校は1956年に県内唯一の私立カトリック女子小学校として開校。全学年での英語授業や、宗教教科などの特色ある教育を行ってきた。同校によると、現時点の在校生は2~6年生46人で1年生はゼロ。学校は在校生の卒業まで存続し、編入学は受け付ける。