プロ野球ソフトバンクから育成1位指名を受けた黒沢尻工高の石塚綜一郎捕手(3年)は31日、北上市の同校で球団から指名あいさつを受けた。石塚は「自分の売りは捕手としての肩と打撃。プロの世界で存分に発揮したい」と意気込んだ。

 作山和英アマスカウトチーフ補佐、福元淳史アマスカウトが訪問。三田章徳校長、石橋智監督を交えて懇談した。作山チーフ補佐は「性格も真面目で捕手向き。将来はホークスOBの城島健司選手のように、強肩強打で球界を代表する捕手に」と期待した。