大船渡市盛町の消防団員ら住民有志は、静岡県御殿場市で2016年から開催されている大船渡サンマフェスタ(印野郷土振興協会主催)に毎年参加している。同市から大船渡市に派遣された職員と住民らの交流が縁で、東日本大震災の復興支援を目的に始まった。4回目の今年も恩返しの気持ちを込めて、三陸の秋の味覚を届けた。

 御殿場市の富士山樹空の森で5日に開かれたフェスタ。住民有志のほか派遣職員OBら約30人が参加し、大船渡市に水揚げされた生サンマ千匹を炭火焼きにして振る舞い、大勢の来場者が列を作った。

 フェスタは、末永く大船渡の復興を支え御殿場の人たちに新鮮な海産物に触れてもらおうと同協会が企画。盛町の住民が提案を受け、地元の市消防団第1分団第1部が主体となって毎年参加している。