3×3(スリーバイスリー)OFUNATO CUP(実行委主催)は6日、大船渡市大船渡町のキャッセン大船渡モール&パティオ駐車場で行われた。2020年東京五輪に採用された新種目を市民が楽しみ、大会への機運を高めた。

 東京五輪・パラリンピック大会の復興「ありがとう」ホストタウン交流事業の一環で今回が初開催。一般と中学生の2部門に計15チームが参加した。

 3人制のスリーバイスリーは、通常の5人制バスケットよりもスピーディーな展開が魅力。屋外ハーフコートを選手が駆け巡り、好プレーで観衆を沸かせた。

 開幕戦に出場した大船渡・一中の山浦将悟さん(1年)は「相手チームは強かったけど食らいついた。室内とは違うおもしろさがある」と汗を拭った。