2019.10.08

県がんフォーラム 盛岡で11月9日

 岩手日報社は、県、県がん診療連携協議会、がん患者団体と共催で、第12回県がんフォーラム「最新のがんゲノム医療を正しく理解するために」を11月9日(土)午後1時から、盛岡市内丸の県公会堂大ホールで開きます。

 次世代のがん治療として注目を集める「がんゲノム」について専門の医師らを招き、理解を深める機会とします。参加無料。

 【プログラム】

 ◇第1部▽基調講演「動き出したがんゲノム医療~いかに活用するか~」▽講師・小山隆文氏(国立がん研究センター中央病院先端医療科医員)、座長・菅井有氏(岩手医大医学部病理診断学講座教授)

 ◇第2部▽パネルディスカッション「岩手県におけるがんゲノム医療の現状と今後の展望」▽座長・菅井有氏、パネリスト・小山隆文氏、馬場長氏(同大医学部産婦人科学講座教授)、西塚哲氏(同大医歯薬総合研究所医療研究開発部門特任教授)、小畑慶子氏(同大医学部臨床遺伝学科助教)

 ◇定員 839人

 ◇申し込み締め切り 11月1日(金)、消印有効

 ◇参加申し込み はがき、ファクスまたは岩手日報ホームページからから郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加希望人数、年齢、性別、質問のある方は質問事項を明記し、〒020-8622、盛岡市内丸3の7、岩手日報社事業部「県がんフォーラム」係(ファクス019・653・9153)へ。

 応募時の個人情報は、岩手日報社が聴講券送付のみに使用します。応募多数の場合は抽選の上、聴講券をお送りします。

岩手日報社

申し込みはこちらから